• ホーム
  • > 空調機の新機種への買い替えのお奨め

空調機の新機種への買い替えのお奨め

2020年全廃 HCFC冷媒「R22」 

ヒートポンプ式空調機で使用される冷媒について、1987年に「モントリオール議定書」が採択され、塩素を含みオゾンを破壊するHCFC冷媒「R22」は2020年までに全廃する事となっています。

この為R22全廃に向けR22関連部品の生産が縮小されつつあり、修理部品の供給が年々困難になってきております。

現在お使いの空調機(特に10年以上前)で「冷媒:R22」機種をご利用の皆様は、早めの空調機入替のご検討をお奨めします。

イメージ:HCFC冷媒「R22」削減スケジュール

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書

地球を取り巻くオゾン層は、生物に有害な影響を与える紫外線の大部分を吸収していますが、フロンなどがオゾン層を破壊する事が問題となりました。
そこで1989年に発効された「モントリオール議定書」では、そのオゾン層を破壊するおそれのある物質の生産、消費、貿易を規制し人々の健康及び環境を保護する目的で、フロンや代替フロンなどの全廃スケジュールの設定及び、非締約国との貿易規制などの措置が定められています。

空調製品ラインナップ 

豊富に取り揃えた空調製品の中から、お客様の使用環境に最適な空調プランをご提案いたします。
空調機の入替はぜひ、デンソーセールスまでご用命ください。

各社空調機をお客さまのニーズにあわせて最適なご提案を致します。

サービス・サポート体制

  • 自動車・商用車の特徴
  • サービスステーション検索(全国750拠点)
  • ダイアグステーション検索
  • 冷凍機あんしんサポート検索
  • 住宅設備機器
  • F&O製品(業務用 設備・環境製品)