業務改善

運転後の日報手書きは面倒なもの。帰庫後のドライバーの拘束時間も長くなります。
日報を完全自動出力することで、拘束時間の短縮につながります。

デジタコ導入による業務改善・効率化の例

代表的な例が運転日報です。
運行を終えたドライバーが、鉛筆片手に日報を書いている時間は結構長いものです。

デジタコを導入すれば、運転日報は自動で出力!
デジタコではGPSデータを取得していますので、事前に届け先の名前を登録しておけば、どこで作業したのか、
登録名と合わせて日報上に表示されます。

印刷された運転日報をチェックして、確認印を押すだけ、これだけでドライバーの業務時間は大幅に削減できます。

アナログタコグラフのチャート紙に目を凝らしての
スピードチェックや長時間運転の確認はもう必要ありません。
デジタコなら一発でチェックが完了です。
いつ時速何kmで走行していたか、
4時間の長時間運転をオーバーしていないか、
休憩は適切に取得しているか、
デジタコの日報を見れば一目でわかります。

また、高齢のドライバーが増えるにつれ、
若手の運行管理者から運転指導するのはなかなか難しいもの。
デジタコなら客観的な運転の傾向を出力できますし、
運転アドバイスもデジタコがしてくれます。
的確な資料の元、運転指導ができるようになります。

※アナログタコグラフのイメージ
グラフ
グラフ

労務管理でのデータ活用

デジタコデータは日々の運行管理の他にも活用が可能です。デンソーセールスでは、データを有効活用したご提案をいたします。

表

例えば労務管理でもデータ活用が可能です。
監査が厳しくなっている昨今、ドライバーの労務管理は
運送会社には必須です。
エクセルに勤務時間を入力し、月毎に合計を出し、
293時間の心配をして・・・、と苦労が絶えません。
デジタコの労務管理ソフトを活用すれば、『改善基準告示』に基づき一日の稼動時間や休息期間を計算でき、注意を促します。
(改善基準告示の特例などの一部には対応しておりませんのでご了承ください。)

その他、取得したデータからお客様のご要望に応じてカスタマイズ帳票も作成できますのでお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ
  • 他のソリューションを見る
トップへ戻る